動物医療センター Caddock

お問い合わせはこちらのボタンをクリックして下さい

施設のご案内

↓下記写真をクリックすると内容を切り替えられます。
  • ヘリカルCTスキャン
  • 超音波診断装置
  • 手術室
  • トリミング

ヘリカルCT・内視鏡検査

CT

2005年にヘリカルCT「TOSHIBA Asteion Super4」を導入いたしました。
全身の詳細な観察が可能となり、複雑や、椎間板ヘルニア造影などの診断治療の際に大いに役立っています。
マルチスライスCTにより、立体的な画像の構成が可能(下図右から2番目)となります。これにより、血管造影や腫瘍の広がりを非常に精確に把握することができます。また、深部にある臓器全体を明瞭に描出することができます。仮想内視鏡画像(下図1番右)を構成する事も出来ます。

CT検査画像

クリックすると大きくなります

CT検査画像断面1CT検査画像断面2CT検査画像3D合成仮想内視鏡3D

 

内視鏡検査

CTでも仮想的に内視鏡像を合成する事が出来ます、ですが内視鏡のメリットとして異物を取り出したり腫瘍が疑われる場合に、組織を採取できる、といった事ががあります。
下図は採取した組織を顕微鏡で検査している様子です。

クリックすると大きくなります

細胞検査

 

超音波診断装置

2007年にTOSHIBA製Xario高性能超音波診断装置を導入いたしました。
妊娠診断から、心臓超音波検査、さらには超音波診断と並行して組織の生検も行う事ができ、素早く診断が行えます。

超音波診断画像

クリックすると大きくなります

超音波診断画像サムネイル超音波診断画像色つき超音波診断画像

手術室・ICU・入院室

手術室

「ストライカー」「電気メス」「高周波メス」「生体情報モニター」といった最新の手術機器を揃え、万全の態勢を整えております。
近い将来の移植手術を考え、2頭同時手術が可能になっています。
また、整形外科の時などは陽圧手術室となります。
当院では、脊髄疾患門脈体循環短絡症水頭症手術を積極的に行っています。

 

ICU

ICU設備の様子

酸素吸入、保温あるいは冷却などを行う場合には、この部屋を用います。
術後管理や熱中症などの重症症例で活躍します。

入院室

入院治療が必要な病気や術後は入院室で回復を促します。

入院室設備の様子 入院室設備の様子2

 

トリミング

トリミング中の様子
トリミング_プードル
トリミング仲良く二人

舞鶴動物医療センターでは日常の健康管理病気の早期発見を目的として、トリミング室を併設しています。
皮膚や毛質を考え、その子に有合ったシャンプー、ドライを心がけています、 そのためシャンプーはワンちゃんの皮膚に優しい天然オイルのシャンプーを使っています。
ドライは手で乾かし丁寧なカットで飼い主様にも満足していただけるよう努力いたしております。